これまでといまとこれからのこと

小林家は小林ロクロ工芸の2人をはじめ、今、家族全員、夢と目標を持ちまっすぐ前を向いています。そのきっかけは、ただひたすらにまっすぐ正直で、決してあきらめない父が、余命宣告を受け数ヶ月で他界したことからでした。
そして、さらに私たちの運命を変える出来事が起こります。父が亡くなってから数か月後、跡継ぎの哲也が全治1年の大怪我をしたのです。木地師にとって致命傷の右手の複雑骨折、そして長期間の入院リハビリ生活、絶望的な状況でした。それでも「待ってるから」と言ってくださったお客様、応援し励ましてくださる地域の方々、父の遺してくれた人と人との信頼や絆を強く感じました。
ようやく仕事を始めることができた昨年の春、今度はコロナ禍で仕事が途絶えました。でも、私たちには諦めることや、ただ過ぎ去るのを待つことは、選択肢にはありません。あの絶望的な状況で、決してあきらめなかった哲也のように、その時やれることを精一杯やって行きたいと思っています。この先も、まっす前を向き進んでいきます。守るべきもの、変えていくことを見極めながら、ただひたすらに、まっすぐに。

新着情報

  
2021年3月15日
活動通信ページ制作   
2021年3月15日
HPリニューアル完了  
2021年3月1日
BASEコイン導入開始   
2021年3月1日
BASEショップOPEN   
 

木地師 小林哲也からのメッセージ

小林ロクロ工芸は、木地師の私と母で工房を、姉たちがホームページ作成、ショップの運営など、その他活動を手伝ってくれています。今、私たちのような職人は、どんどん数が減っています。ものづくりとひたむきに向き合う腕の良い職人が、後継者もなく辞めていくのを見てきました。今、私たちのような若い職人には、そんな職人の意志を受け継く、使命があると強く感じています。守るべきものを守りながら、新しい可能性を広げいきたいという思いを胸に、助けて頂いているすべての方に、感謝してこれからも、ものづくりと向き合います。 
小林哲也 略歴詳細はこちら